ちょい読み!報告ダイジェスト

enechan_paperful_top_1このたび、北海道エネルギーチェンジ100ネットワークでは、2015年8月29日に北海道大学で開催した、エネチェンフォーラム「風はだれのもの?」の報告書を作成しました。その内容をWebでダイジェストでお読みいただけるようにしました。

以下のリンクからご覧ください。

INDEX

1)開催にあたって

ごあいさつ 藤井賢彦(北海道大学大学院地球環境科学研究院准教授)*
エネチェンからの問題提起 吉田文和(愛知学院大学経済学部教授)*
はじめに 長谷川理氏(エコネットワーク)

2)第1部 再生可能エネルギーと野生生物の共存〜風力発電の可能性と課題

「風力発電が野鳥に与える影響〜自然エネルギーと野鳥の共存を目指して〜」
浦達也氏(公益財団法人日本野鳥の会自然保護室)
「洋上風力発電と海洋生態系への影響および漁業協調について」
中原裕幸氏(一般社団法人海洋産業研究会常務理事)

3)第2部 自然環境保全のもとでの再エネ推進は可能なのか

「WWF鳴門市再生可能エネルギー普及プロジェクト
〜地域と共存できる再生可能エネルギーのあり方について」
市川⼤悟⽒(WWFジャパン⾃然保護室気候変動・エネルギーグループ)

4)ディスカッション【1】自然環境保全と再エネの共生をさぐる

コーディネーター 長谷川理氏(エコ・ネットワーク主任研究員)
パネリスト 中原裕幸氏・浦達也氏・市川⼤悟⽒・吉田文和・藤井賢彦

5)第3部 北海道の風力発電と自然環境保全、開かれた議論のために

「科学的な環境アセスメントのための情報の収集・解析・公開」
金子正美(酪農学園大学環境共生学類教授)*
「環境アセスメントとアセスメント情報の公開について」
後藤達彦氏(NPO法人EnVision環境保全事務所)
「環境アセスメントを活用する~より民主的かつ透明な決定を目指して」
遠井朗子(酪農学園大学環境共生学類教授)*

6)ディスカッション【2】北海道スタイルの開かれた議論の場を目指して

コーディネーター 長谷川理氏
パネリスト 金子正美・後藤達彦氏・遠井朗子
鈴木亨(NPO法人北海道グリーンファンド理事長)*
宮本尚(北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク代表)*

【登壇者プロフィール】こちらをご覧ください。
*印の登壇者は北海道エネルギーチェンジ100ネットワークの委員です。

>ちょい読み!報告ダイジェスト INDEX
>報告(1)開催にあたって
>報告(2)第1部 再生可能エネルギーと野生生物の共存〜風力発電の可能性と課題
>報告(3)第2部 自然環境保全のもとでの再エネ推進は可能なのか
>報告(4)ディスカッション【1】自然環境保全と再エネの共生をさぐる
>報告(5)第3部 北海道の風力発電と自然環境保全、開かれた議論のために
>報告(6)ディスカッション【2】北海道スタイルの開かれた議論の場を目指して

ーーー
フォーラムの全内容を記録した報告書は以下の2種類です。

無料! 【電子BOOK-pdf】本サイトからダウンロードしてご覧いただけます。
エネチェンフォーラム「風はだれのもの?」全報告(電子ブック)
購入できます!【書籍版】エネチェンフォーラム「風はだれのもの?」全報告
電子BOOKのダウンロード、書籍版の購入はこちらから

本報告書は、公益財団法人北海道新聞野生生物基金の2015年度助成金、エネチェンを応援してくださっている会員・市民のみなさまの「gooddo」を通じたクリック募金を活用して作成いたしました。

本報告書作成にあたって、会員の平田剛士氏にご尽力をいただきました。この場をかりてお礼申しあげます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク 作『エネチェンフォーラム「風は誰のもの?」報告書(電子ブック・書籍版・ダイジェスト)』はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
このライセンスで許諾される範囲を超えた利用の可能性については北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク事務局へお問い合わせください。 http://enechan100.com
※なお、ゲスト講演者である、中原裕幸氏、浦達也氏、市川大吾氏の講演内容・ディスカッションのご発言については、著作権は各人(または各組織)に属します。引用等の際は各講師にお問い合わせください。
広告

投稿者: 北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク

2011年6月、地産地消エネルギーの最大限の活用、自然エネルギーアイランドへのシフトをめざし、きたネット有志が呼びかけ人となり、「北海道エネルギーチェンジ100プロジェクト」がスタート。「北海道条例第百八号 北海道省エネルギー・新エネルギー促進条例」の周知・推進、「北海道の電気 再生可能エネルギー100%へのロードマップ」による提言、市民主体のセミナーなどを行ってきました。 2014年3月に、3年間の活動が評価され、北海道新聞エコ大賞奨励賞を獲得しました。 2014年5月17日に正式に団体「北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク」を設立、「自然エネルギー100%の北海道」に向かって、見えるネットワーク、行動するネットワークづくりをめざします。さらに私たちの活動がひとつのモデルとなって、全国で同じ目的で活動する方とつながってより大きな力となっていくことを願っています。